スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄--(--) --:--   スポンサー広告 | | | ↑Top
本紙編集長の天城こねこ、移動用の船を発注


ルチーア造船で建造されたこねこバーグ
【9月2日 アムステルダム】
本紙編集長の天城こねこが、移動用の船を発注したことを明らかにした。
発注先はルチーア造船(ヴェネチア)。建造額は明らかになっていないが、ルチーア造船に会社を身売りした、シェリー酒やジンを密造した、道端で木の実を拾っていた、などの未確認情報がでている。
ルチーア造船は本紙の取材に「こねこ復帰にあたり、いちばんいい船を作ってあげようと思いました。自慢の一品です。頑張って管理技術を上げてください」とコメントしてくれた。
その後、オスロとリューベックを行き来する本紙編集長の姿が目撃されている。

〔写真はルチーア造船で進水したこねこバーグ〕


AmagiyaNews



スポンサーサイト



2016⁄09⁄02(Fri) 08:00   経済 | Comment(0) | Trackback(0) | ↑Top
AmagiyaNews、買収か


アノーテ・デ・ザンテ氏が経営するあのて珍品堂
【5月18日 アムステルダム】
AmagiyaNewsが買収提案を受けていたことが明らかになった。
買収を検討しているのはアノーテ・デ・ザンテ氏。
AmagiyaNewsを発行する天城屋ニューズ社は天城屋グループの一員で、現在編集長の天城こねこ(ネーデルラント)が所属するParkheuvel(アムステルダム)の支援を受けて再建中。
買収金額は不明だが、Parkheuvel所属の各氏から支援していただいた金額の倍にあたる総額20億ドゥカードを提示したと見られる。
買収について本紙社外取締役であるmaat氏(ヴェネチア)は「ヨイショ記事かかせる人間は多い方がいいってことでしょ!ごくあくのやりそうなことだな!!!」と切り捨てた。
編集長のの天城こねこは「AmagiyaNewsのどこにそんな価値があるのか・・・謎だ。」とコメントした。
買収提案に応じるかは不透明な情勢だ。

〔写真はアノーテ・デ・ザンテ氏が経営するあのて珍品堂のサイト〕

AmagiyaNews





2011⁄05⁄18(Wed) 08:00   経済 | Comment(5) | Trackback(0) | ↑Top
アムスバザー、本日開催


かつて開催されたアムステルダムバザー
【12月3日 アムステルダム】
毎月行われているアムスバザーが本日開催される。
詳しくは公式BBSを参照されたい。普段人の少ないアムステルダムが月に一度盛り上がるバザー。今回も多数の出店と人出が予想される。みなさんもこの機会にぜひ出店しよう。
今後もこのようなイベントがあれば積極的に報道していきたい。

〔写真はかつて開催されたアムステルダムバザー〕

AmagiyaNews






2010⁄12⁄03(Fri) 08:00   経済 | Comment(0) | Trackback(0) | ↑Top
大海戦、引き分けに終わる


記念撮影を眺める人たち
【11月22日 アムステルダム】
11月19日、20日、21日と行われた大海戦にネーデルラント、ポルトガル連合がヴェネチア、イングランド相手に引き分けた。
引き分けたといってもポイントでは敗れた。今回の大海戦は半年に一度行なわれるネーデルラントのターン。初日はネーデルラントが優勢に戦いをすすめたが、二日目、三日目ともに優勢にすすめることができなかった。大海戦終了後はウィレムスタッドにおいてロビ氏による挨拶と反省会が行なわれた。
反省会では提督チャットの提案や支援のあり方、集会の提案、wikiの活用などが話し合われた。また、反省会の後はネーデルラント有志によるネーデルラントのあり方や今後についてもいろいろと話し合われ、ネーデルラントにとって有益な時間となった。
今度はできるだけ半年に一度じゃなくもう少しスパンを短くして戦いたい。

〔写真は記念撮影を眺める人たち〕


AmagiyaNews






2010⁄11⁄22(Mon) 08:00   経済 | Comment(0) | Trackback(0) | ↑Top
㈱天城屋、武装沙船を購入か


武装沙船を買う天城うさぎ氏
【11月13日 澳門】
㈱天城屋(アムステルダム)が12日、武装沙船1隻を購入したことを明らかにした。
同社広報室は、武装沙船を今度行なわれる半年に一度の大海戦時に重ガレオンに変わる中型主力船として位置づけている。中型船の発注はガソリン氏から購入した重ガレオンに続き2隻目。全く収入がない同社に取って業績に影響するのは必至だが、同社は船を更新することにより、新たな収益源を確保するため、業績に影響はないとしている。また、商用大型クリッパー発注時にも疑惑が持たれた関連する(有)天城屋ニューズ社からの資金流用について、今回もコメントを拒否した。
重ガレオンをはじめ、一時代前の船を揃える同社は新型船の更新が急務だが、一連の強化についてはまだ緒に就いたばかりであり、脆弱な財務体質である㈱天城屋にとって体力が持つかどうかが問われている。

〔写真は武装沙船を買う天城うさぎ氏〕


AmagiyaNews






2010⁄11⁄13(Sat) 08:00   経済 | Comment(0) | Trackback(0) | ↑Top
アムスバザー、開催!


出店する人々
【7月3日 アムステルダム】
昨日、アムスバザーが行われた。当日はアムステルダムに150人近くの人が集まり、ネーデルラント国籍だけでなく様々な国籍の人が露天を巡っていた。また、防具、武器、船首像など上級者向けから初心者向けの商品まで幅広い露店が出ていた。中にはシャウトなどで売り物を盛んに宣伝したりする露店やカードやサイコロの賭場、陸戦ブースが開かれるなど、アムステルダム広場が活気にあふれた。
毎回主催者であるギンジロウ氏にコメントを頂いているので、今回は参加している商人の方々にアムスバザーに対する意気込みと、今後のアムスバザーに対する希望や要望を聞いてみた。

出店していたRiverfileds氏:NOTOSのファッションシーンを演出できるのはアムスだけ!
陸戦ブースのクラウン氏:陸戦ってイイネ!
賭博を開いていたスターン氏:今日は店を出していないのですが、色々と安売りがあり、とても役立ちますね~。今月も270万負けました!もう何ヶ月連続負けかすら覚えていないですw 誰もイベントをしていないようなので・・・誰かイベントやってくれないかなあ、とは思っています。
出店していたヤン・ウルリッヒ氏:今回アムスバザにて感じたのは、若い航海者が一生懸命宣伝してバザーしているところがひとつ、あとは三国志オンラインから移民されてきた人も参加していたことが感じましたねー。しかも各国からの参加者が多く、アムスバザーがNOTOSに浸透しているのがよく分かります。要望とすれば、アムスバザーを生かしたイベントなどもあるといいですね。

いづれも、アムスバザーに対する意気込みがよく分かるコメントだった。
アムステルダムバザーはイベント等がなければ毎月第一金曜日。ぜひ参加しましょう。

今後もこのようなイベントがあれば積極的に報道していきたい。

〔写真は出店する人々〕

AmagiyaNews





2010⁄07⁄03(Sat) 08:00   経済 | Comment(1) | Trackback(0) | ↑Top

| HOME | next >>

FC2ブログランキング

プロフィール

天城こねこ

Author:天城こねこ
大航海時代オンラインのEosサーバ(旧:Notosサーバー)に所属するケルン生まれの商人。
ハンザ同盟崩壊後イギリスに身を寄せ、のちにネーデルラントへ亡命した兄の元ハンザ商人天城うさぎとは違い、ヴェネチアに身を寄せるも、兄と同様にネーデルラントに亡命する。冒険家を志すも、商人にも軍人にもなりきれない兄に代わり、商人となる。
(有)天城屋ニューズ社の代表取締役社長および編集長。

似顔絵のご提供はLis氏

会社案内

ごあいさつ

 情報化社会においては様々な情報はもとより、興味のある情報を流すことを目指しています。我々は噂、口コミなどの伝統的な技術を駆使したコミュニティー情報サービスにより、いるかどうか分からないお客様の期待と笑いにお応えしています。(天城こねこ)


会社概要

■社   名
 (有)天城屋ニューズ社
 (英文名:Amagiya News)
■役  員
 代表取締役社長 天城こねこ
 (編集長兼任)
 監査役 Archie
 取締役 maat
 社 主 天城うさぎ
■創   業
 2003年6月(王都日報)
 2004年1月(Midgard News)
 2007年7月(Amagiya News)
■資 本 金
 ピエロの鼻と片眼鏡
■従 業 員
 
■支   社
 ラグナロクオンライン
■関連会社
 天城屋
 天城屋出版
  代表取締られ役 林堂はるひ
  仮面推進事業部長 Erhu
  北アフリカ担当部長 maat
 NTS・テレビベネチア
  社長兼プロデューサー Erhu
 ATB:AmagiyaTravelBureau
  代表取締役社長 フォン
 天城屋パン
  社長兼店長 ルチーア
 天城屋広告社
 ファッション天城屋
 天城屋ファイナンス
■主な取引先
 新大陸航海技術研究所
 Parkheuvel
 GoodFellas
 オトナの商会
 あのて珍品堂
 クラウン造船所
 楽団コンセルトヘボウ
 ネデ陸軍

AmagiyaNews
AmagiyaSports AmagiyaNewsMobile
企業理念

企業理念

 吾等は商業情報を讀者に届ける事をその使命としてゐる。
其の全ての情報は讀者の諸君の為に有るのであつて、又其れは迅速に速報されるべきであつて、
且つ讀者の幸福に獻身し、凡そ王國經濟、世界經濟の確立に寄與す事を約束す。(王都日報綱領より)


VISION

 コミュニティ情報をお届けします。
 読者の皆様の要求に答えられるよう努力いたします。
 読者の皆様にしか分からないような情報を提供いたします。

ブログ内検索

月別アーカイブ

FC2カウンター

↑Top



Copyright © 2017 AmagiyaNews. All Rights Reserved.

 Template by nekonomimige & BLAN NOIN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。