スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄--(--) --:--   スポンサー広告 | | | ↑Top
海事団体「Goodfellas」復活か?


話し合いの様子
【4月25日 アムステルダム】
アムステルダムで、先日海事団体「Goodfellas」(通称GDF)が復活しているとの噂を耳にした。
本紙では、早速取材を開始すると「東南アジア方面で色つきのネーデルラント人を多数見た」「英国人海賊と戦っていた」等の情報が寄せられた。
早速、GDF発起人のアルバース氏(ネーデルラント)に直接話を聞くことが出来たが、要領を得たコメントを貰うことができなかった。
既に、目撃者や某大型掲示板などにも書かれていることから、GDFが復活したと見て間違いないだろう。
本紙では今後も取材を続けていきたい。

〔写真は設立時の話し合いの様子〕


AmagiyaNews



スポンサーサイト



2013⁄04⁄25(Thu) 18:00   国際 | Comment(0) | Trackback(0) | ↑Top
海事団体GDF(Goodfellas)、解散


設立当時の話し合いの様子
【8月12日 アムステルダム】
本日、ネーデルラントの海事団体、GDF(Goodfellas)の解散が代表であるアルバース氏(ネーデルラント)より発表された。
今回は誤解の無いようにAmagiyaNewsとしてのコメントは差し控えると共に、アルバース氏からあった解散メッセージを全文載せたい。








本日をもちまして「実戦団体」としてのGDFを解散したいと思います。
創設して何年になるのでしょうか、もう覚えていませんが、みんなで強くなれるようがんばって、危険海域で暴れて、すごく楽しかったです。とてもいい思い出です。
しかし、現在の仕様では昔のような戦闘の機会に恵まれず、自分自身、PK・PKKとしてのモチベーションを維持できず、今日まで引退も考えたりと葛藤の日々でした。
最弱のネデを強くしたいと旗を揚げて、一時であれ、圧倒的な強さで他国への脅威にもなることが出来ました。
自分としては悔いはありません。
今後についてですが、またGDF以前に戻って、有志でPKしたりPKKしたりすることはありだと思います。模擬だってGDF以前からやってました。茶室もGDF以前からありました。止める必要はないと思います。
ただ「GDF」の旗を掲げての実戦行動を止めるということです。
もしかしたらまた、実戦が盛り上がってきたときは、また誰かが旗揚げをするでしょう。
GDFの時代は終わりです。
みなさん、ありがとうございました。

2012年8月12日 22:45 アルバース氏


〔写真は設立当時の話し合いの様子〕


AmagiyaNews






2012⁄08⁄12(Sun) 23:12   国際 | Comment(1) | Trackback(0) | ↑Top
大海戦、引き分ける


記念撮影
【1月10日 アムステルダム】
1月7日、8日、9日と行われた大海戦にイングランド、ネーデルラント連合がエスパーニャ、フランス、トルコ相手に引き分けた。
引き分けたといってもポイントでは敗れた。今回約1年半ぶりのイングランドとの同盟。初日、二日目とエスパーニャ陣営が優勢に戦いをすすめたが、三日目はイングランド陣営が盛り返し、引き分けに持ち込むことができた。大海戦終了後はアムステルダムにおいて記念の写真撮影が行なわれた。その後はいつもの通りアムステルダムは陸戦が繰り広げられた。もはやイベントの後の陸戦はアムステルダム名物となりつつある。
今回の大海戦では、約1年半ぶりのイングランドとの大海戦ということで、アムステルダムやロンドンで改良ゲルン帆などの配布といったイングランドとの交流イベントなども行なわれた。イベント主催者によれば次回の大海戦時も同様のイベントを考えているとのこと。今回は時間的な余裕が無く本紙での告知ができなかったが、次回はぜひ参加したい。
次回大海戦に向けてネーデルラント市民同士の一層の交流も期待したい。

〔写真は記念撮影〕


AmagiyaNews






2011⁄01⁄10(Mon) 08:00   国際 | Comment(2) | Trackback(0) | ↑Top
大海戦、はじまる


大海戦参加褒賞
【11月20日 ウィレムスタッド】
ネーデルラントでは半年に一度の大海戦がはじまった。
今回の対象港はマラカイボ。ウィレムスタッド前やジャマイカ前などで熱い戦いがはじまった。ネーデルラントはポルトガルと共に対象港ヴェネチア、イングランド、オスマン・トルコと戦うことになった。
㈱天城屋(アムステルダム)の天城うさぎ氏(ネーデルラント)はオトナの商会(アムステルダム)艦隊に参加し参戦した。一緒に戦闘したGDFことGoodFellas(アムステルダム)のクロソード氏(ネーデルラント)はオトナの商会のRiverfileds氏(ネーデルラント)がいきなり提督を交代した件について、女の子と会話したいがためにいきなり提督を交代したと主張しており、疑惑が持たれている。その件についてクロソード氏はさらに艦隊行動中に喋らないRiverfileds氏に対し疑惑を追及すると共に、好きなAKBを10人言え!と迫っていた。クロソード氏についてはAKBの名前を全員言えるという未確認情報もある。
戦いは本日、明日も行なわれる。「金曜日に弱い」とされるイングランドがどれだけ巻き返してくるのが注目される。

〔写真は大海戦参加褒賞〕


AmagiyaNews






2010⁄11⁄20(Sat) 08:00   国際 | Comment(2) | Trackback(0) | ↑Top
本紙編集長、天城こねこ、プライベートファームを領有か


領有を宣言する本紙編集長天城こねこ
【3月1日 セントルシア島】
先日、本誌編集長の天城こねこがセントルシア島にプライベートファームを領有したことが明らかとなった。
領有のきっかけついて「最近料理を始めまして・・・木の実とマグロが欲しかったから」と語った。
しかしながら、関係者の話によると、㈱天城屋社長の天城うさぎ氏(ネーデルラント)が陸戦スキルを取りたいために、天城こねこ料理を習得するように命じたことが発端となっているという。
真実は不明だが、既に天城うさぎ氏は料理を忘れてしまったという未確認情報もある。

領有によるAmagiyaNewsの編集方針の変更はない模様。

〔写真は領有を宣言する本紙編集長天城こねこ〕


AmagiyaNews






2010⁄03⁄01(Mon) 08:00   国際 | Comment(0) | Trackback(0) | ↑Top
大海戦、ポルトガル、オスマン・トルコ、ネーデルラント連合が大勝


挨拶ですべる天城うさぎ氏
【9月14日 リスボン】
9月11日、12日、13日と行われた大海戦にポルトガル、オスマン・トルコ、ネーデルラント連合がエスパーニャ、ベネチア相手に大勝した。
今回の大海戦はエスパーニャのターン。対象都市がカラブランカということもあり、祝勝会がポルトガルの首都リスボンで行われた。。
初日、二日目、ともに小・中・大、三日目の中・大とほぼ終始ポルトガル、オスマン・トルコ、ネーデルラントが優勢に戦いをすすめた。大海戦終了後はウィレムスタッドにおいて尾花ピッチングコーチ氏(ポルトガル)のもと戦勝祝賀会が行われた。
11日にMVPを取られたミッチェル氏(ポルトガル)、12日にMVPを取ったクック船長氏(ポルトガル)がそれぞれ挨拶し、ネーデルラントを代表して天城うさぎ氏(ネーデルラント)、オスマン・トルコを代表してHRR氏(オスマン・トルコ)もそれぞれ挨拶をした。最後はアイノ=ペコネン氏が締めの挨拶を行った。
ネーデルラントはポルトガルとの連合を組むことも多く、今後も勝てるようがんばりたい。

〔写真は挨拶ですべる天城うさぎ氏〕


AmagiyaNews






2009⁄09⁄14(Mon) 08:00   国際 | Comment(4) | Trackback(0) | ↑Top

| HOME | next >>

FC2ブログランキング

プロフィール

天城こねこ

Author:天城こねこ
大航海時代オンラインのEosサーバ(旧:Notosサーバー)に所属するケルン生まれの商人。
ハンザ同盟崩壊後イギリスに身を寄せ、のちにネーデルラントへ亡命した兄の元ハンザ商人天城うさぎとは違い、ヴェネチアに身を寄せるも、兄と同様にネーデルラントに亡命する。冒険家を志すも、商人にも軍人にもなりきれない兄に代わり、商人となる。
(有)天城屋ニューズ社の代表取締役社長および編集長。

似顔絵のご提供はLis氏

会社案内

ごあいさつ

 情報化社会においては様々な情報はもとより、興味のある情報を流すことを目指しています。我々は噂、口コミなどの伝統的な技術を駆使したコミュニティー情報サービスにより、いるかどうか分からないお客様の期待と笑いにお応えしています。(天城こねこ)


会社概要

■社   名
 (有)天城屋ニューズ社
 (英文名:Amagiya News)
■役  員
 代表取締役社長 天城こねこ
 (編集長兼任)
 監査役 Archie
 取締役 maat
 社 主 天城うさぎ
■創   業
 2003年6月(王都日報)
 2004年1月(Midgard News)
 2007年7月(Amagiya News)
■資 本 金
 ピエロの鼻と片眼鏡
■従 業 員
 
■支   社
 ラグナロクオンライン
■関連会社
 天城屋
 天城屋出版
  代表取締られ役 林堂はるひ
  仮面推進事業部長 Erhu
  北アフリカ担当部長 maat
 NTS・テレビベネチア
  社長兼プロデューサー Erhu
 ATB:AmagiyaTravelBureau
  代表取締役社長 フォン
 天城屋パン
  社長兼店長 ルチーア
 天城屋広告社
 ファッション天城屋
 天城屋ファイナンス
■主な取引先
 新大陸航海技術研究所
 Parkheuvel
 GoodFellas
 オトナの商会
 あのて珍品堂
 クラウン造船所
 楽団コンセルトヘボウ
 ネデ陸軍

AmagiyaNews
AmagiyaSports AmagiyaNewsMobile
企業理念

企業理念

 吾等は商業情報を讀者に届ける事をその使命としてゐる。
其の全ての情報は讀者の諸君の為に有るのであつて、又其れは迅速に速報されるべきであつて、
且つ讀者の幸福に獻身し、凡そ王國經濟、世界經濟の確立に寄與す事を約束す。(王都日報綱領より)


VISION

 コミュニティ情報をお届けします。
 読者の皆様の要求に答えられるよう努力いたします。
 読者の皆様にしか分からないような情報を提供いたします。

ブログ内検索

月別アーカイブ

FC2カウンター

↑Top



Copyright © 2017 AmagiyaNews. All Rights Reserved.

 Template by nekonomimige & BLAN NOIN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。