スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄--(--) --:--   スポンサー広告 | | | ↑Top
ネーデルランド会議議長選挙、リシー氏を選出


選挙結果を発表する選挙管理委員
【11月24日 アムステルダム】
ネーデルランド会議がアムステルダム16番商館で行われ、大海戦の連盟先の議決とネーデルランド会議新議長の選出が行われた。
当日はりじゅ=沙雪華議長(ネーデルラント)欠席のため、代理のハコぺー氏(ネーデルラント)より、まず連盟先の議決が行われ、出場の可能性やクエを受ける場所の確認ののち、ポルトガル支持27票、イングランド支持0票と圧倒的な数字でポルトガル支持の方針が打ち出された。
数分の休憩ののち、選挙管理委員のアントン・デグレル氏(アムステルダム)よりネーデルランド議会議長選挙の開始が宣言された。議長選挙はリシー氏1人の立候補のため信任投票となり、不在者投票2票を加えた27票のうち、信任が16票、不信任が8票、白票3票となり、リシー氏の当選が決定した。
同氏は「同じ国を思う志士として、どうか一緒に蘭国のためにがんばっていきましょう。」と述べた。
今後の会議運営に期待したい。

〔写真は選挙結果を発表する選挙管理委員〕


AmagiyaNews



スポンサーサイト



2007⁄11⁄27(Tue) 10:16   政治 | Comment(0) | Trackback(0) | ↑Top
新大陸航海同盟、エル・パソツアー開催!


南米南西岸での記念撮影
【11月23日 チリ海盆】
新大陸航海同盟(セビリア)がエル・パソツアーと題しマゼラン海峡探索ツアーを開催した。
当日の参加者は商会長であるLis氏(イングランド)と副商会長であるフィンダファー氏(ネーデルラント)、同天城うさぎ氏(ネーデルラント)、ガトゥー氏(ポルトガル)の4人。
今回は航海者支援週間に併せての開催であり、一行はまずクエストの出発地であり新大陸航海同盟の本拠地でもあるセビリアに集合後、リスボンにあるガトゥー氏自宅見学、その後クエストのため一路ブエノスアイレスへと向かった。その後サンアントニオに寄港し、ウシュアイア沖にてマゼラン海峡を発見した。
その後南米南西岸に上陸し、滝やつり橋などの観光を行った。
新大陸航海同盟では次回イベントを考え中とのこと。

〔写真は南米南西岸での記念撮影〕


AmagiyaNews






2007⁄11⁄24(Sat) 12:21   文化 | Comment(0) | Trackback(0) | ↑Top
天城うさぎ氏、ペンギン発見ツアーに参加


オウサマペンギンを発見する一行
【11月22日 セバルド島】
フォン氏(エスパーニャ)が「Cruz del Sur」第2章 Chapter2「Special Ornaments」でペットの実装されることから企画した「ペンギンツアー」に㈱天城屋(アムステルダム)社長の天城うさぎ氏(ネーデルラント)が、新大陸航海同盟商会長のLis氏(イングランド)と参加していたことが分かった。
一行はチュニス発の地理クエスト「地図にない島」を受けセバルド島を発見、その後「セバルド島周辺の生物」「セバルド島のさらなる調査」と立て続けにペンギンクエストを受けた。
企画したフォン氏(エスパーニャ)はオウサマペンギン発見時に「立ってる!立ってるよ!!かわいいいいいい」と述べ、またLis氏も「ペンギソちょーかわい」の述べており、非常にかわいい発見物であるが、なぜか発見物の分類は鳥類ではなく海洋生物であった。

フォン氏(エスパーニャ)の作成する情報サイト「大航海時代データベース」

〔写真はオウサマペンギンを発見する一行〕


AmagiyaNews






2007⁄11⁄23(Fri) 00:59   文化 | Comment(0) | Trackback(0) | ↑Top
アムステルダムに熊出没


熊に襲われる天城こねこ
【11月20日 アムステルダム】
アムステルダム商会管理局前で熊が出没した。熊は非常に大柄で凶暴な性格との情報が入り、アムステルダム当局では熊出没に対し、熊注意報を出して市民に注意を呼びかけると共に、地元猟友会と山狩りの実施を検討している。
AmagiyaNewsでは天城こねこ自ら突撃取材を敢行した。熊は「ウルサード」と名乗り、喜んだり泣いたり、踊ったりなどの行為を繰り返し、周辺住民を脅かしていた。

〔写真は熊に襲われる天城こねこ〕


AmagiyaNews






2007⁄11⁄21(Wed) 01:43   文化 | Comment(0) | Trackback(0) | ↑Top
新大陸航海同盟Lis氏、騎士に


叙任されるLis氏
【11月17日 セビリア】
新大陸航海同盟の商会長であるLis氏(イングランド)が昨日騎士爵に叙任されたことが記者会見により明らかとなった。Lis氏は大航海時代オンラインの始まりと同時に課金、一時休止をするも、新大陸航海同盟の商会長として君臨し、またマルセイユ幼稚園の関係者の1人でもある。今後はLady Lis(レディ・リス)となる。
Lis氏は叙任に対し「うーん。みんな、それなりにありがとう。」とコメントした。一方でこのコメントが盗作であるとの訴えを受けており、Lis氏はそれに対し「インスパイアと言ってくれ」とコメントしている。ロンドン王立裁判所が現在審理している。

〔写真は叙任されるLis氏-写真の提供はLis氏〕


AmagiyaNews






2007⁄11⁄17(Sat) 22:26   芸能 | Comment(2) | Trackback(0) | ↑Top
フレ100人達成記念、新大陸航海同盟史③


商会の行方について話し合うガトゥー氏と天城うさぎ氏
【11月16日 アムステルダム】
㈱天城屋(アムステルダム)社長の天城うさぎ氏(ネーデルラント)のフレンド登録数が100を越えたことがAmagiyaNewsの調べで分かった。これを記念し、AmagiyaNewsでは同氏と所属する商会、新大陸航海同盟(セビリア)の歴史を少しだけ振り返りたい。

そのような中で、新大陸航海同盟は転機を迎える。fukky氏(エスパーニャ・休止中)、るきな氏(ポルトガル・休止中)が抜け、フィンダファー氏(イングランド→ネーデルラント)が加入するも、Nasem氏(エスパーニャ)と商会長であるLis氏(イングランド)が一時休止するなど、商会の存続が危うくなった。天城うさぎ氏やガトゥー氏、フィンダファー氏が持ち回りで商会長代理として商会を取り仕切り、大型商会などとの合併話すら持ち上がったことは記憶に新しい。
その後新大陸航海同盟発足直後から事あるごとに"エロ氏"として商会イベントなどに参加していたErhu氏(ポルトガル→ヴェネチア)が正式加入、アカウント達成のためにEurosサーバーで活躍するホシノ・ルリ氏(イングランド)にも加盟をお願いし、商会の存続用件である5アカウントを達成し今日に至っているが、いまだ多国籍商会としてのメリットを出すことができていない。
その間に天城うさぎ氏は南米での国家イベントを手始めに、東南アジアイベントなど、強制的な国家イベントで出会ったネーデルラントの人々と知り合い、会議やイベントなどに出席するようになり、今回のフレンド100人となった。
今後のネーデルラントと新大陸航海同盟、天城こねこの所属するParkheuvelの発展を心から祈りたい。

〔写真は商会の行方について話し合うガトゥー氏と天城うさぎ氏〕


AmagiyaNews






2007⁄11⁄16(Fri) 12:00   文化 | Comment(0) | Trackback(0) | ↑Top
フレ100人達成記念、新大陸航海同盟史②


ハンブルグが初めてネーデルラント領になった様子
【11月15日 アムステルダム】
㈱天城屋(アムステルダム)社長の天城うさぎ氏(ネーデルラント)のフレンド登録数が100を越えたことがAmagiyaNewsの調べで分かった。これを記念し、AmagiyaNewsでは同氏と所属する商会、新大陸航海同盟(セビリア)の歴史を少しだけ振り返りたい。

新大陸航海同盟を立ち上げ後、3カ国だった大航海時代オンラインが、6カ国体制になると同時に、自称ハンザ商人と名乗っていた天城うさぎ氏はネーデルラントへと亡命した。「商会」の存在もまた変質した。その証左が2005年8月7日に行われた第一回ネーデルラント集会で見ることが出来る。集会は在アムステルダムの商会を中心に進められ、投資方針やイベントについても商会が中心となって推し進めていくことが確認された。参加した天城うさぎ氏も会議の終盤手前で発言するも一層され、商会中心主義に失望したという。立ち上げた新大陸航海同盟も、多国籍商会の利点を打ち出すことができなかった。
ちなみにネーデルラント集会終了後ハンブルグ投資の機運が高まり、天城うさぎ氏は持てる全財産をハンブルグに投資した。同氏のバカっぷりが伺える。

〔写真はハンブルグが初めてネーデルラント領になった様子〕


AmagiyaNews






2007⁄11⁄15(Thu) 23:00   文化 | Comment(0) | Trackback(0) | ↑Top
フレ100人達成記念、新大陸航海同盟史①


新大陸航海同盟発足直後のメンバー
【11月14日 アムステルダム】
㈱天城屋(アムステルダム)社長の天城うさぎ氏(ネーデルラント)のフレンド登録数が100を越えたことがAmagiyaNewsの調べで分かった。これを記念し、AmagiyaNewsでは同氏と所属する商会、新大陸航海同盟(セビリア)の歴史を少しだけ振り返りたい。
まず天城うさぎ氏は2005年3月3日よりログインを開始し、当初はラグナロクオンラインがメインのMMORPGであった。所属国はイングランド。その後、Lis氏(イングランド)とNasem氏(エスパーニャ)、ガトゥー氏(ポルトガル)、るきな氏(ポルトガル・休止中)、天城うさぎ氏が発起人となり多国籍商会である新大陸航海同盟を立ち上げた。その後fukky氏(エスパーニャ・休止中)も加入し、商会イベントやオフ会などが行われた。新大陸航海同盟でも10人以上の商会員を擁し、4月のはじめには商館の実装に併せて話し合いも持たれた。商会長のLis氏曰く「夢を見たい年頃★」だったと回想している。
ちなみに天城うさぎ氏の大航海時代オンラインでの最初の発言はロンドンの酒場での「あろーは」であり、同氏のバカっぷりが伺える。

〔写真は新大陸航海同盟発足直後のメンバー〕


AmagiyaNews






2007⁄11⁄15(Thu) 01:09   文化 | Comment(0) | Trackback(0) | ↑Top
ネーデルランド底模擬開催!


撃沈される天城うさぎ氏
【11月13日 ヘルデル】
ヘルデルにおいて毎週火曜日恒例のネーデルランド底模擬にが行われた。
当日はイングランドからのゲストを迎えて、5vs5の通常の模擬戦のほか、7vs7の援軍の入った模擬戦も行われ、大盛況のうちに終了した。参加した㈱天城屋(アムステルダム)社長の天城うさぎ氏は自ら旗艦を勤めたターン全てで撃沈されるなど、レベルの低さを露呈していた。同氏は「海事を頑張りたい」と述べており、転職を考えていることを報道陣に匂わせた。
来週の火曜日にはバトルキャンペーン期間中のため、シーク艦隊との交流戦が行われる予定。ぜひお気軽に参加しましょう。

お問い合わせは:「弖虎」さん、または「けーんじ」さんまで

★★★当紙は今後も取材や商品などの提供を通してNotosネーデルラント底模擬同好会をバックアップしていきたいと考えています!毎週火曜日の21時に開催です。初心者でも優しく受け入れてくれるアットホームな底模擬です。ぜひ参加しましょう!★★★

〔写真は撃沈される天城うさぎ氏〕


AmagiyaNews






2007⁄11⁄14(Wed) 01:31   社会 | Comment(2) | Trackback(0) | ↑Top
【解説】ラッコ像?の秘密に迫る


話題のらっこ像「チャクモール」
【11月12日 チチェン・イッツア】
先日、AmagiyaNewsに宝石商でParkheuvelの商会長であるウルフィ氏より、このらっこ像の調査が依頼が入った。
そこで、AmagiyaNews文化部ではこの像について調べてみた。
まず、この像はチチェン・イッツア、テノチティトランなどのマヤやアステカなどの文化圏に見られる像である。これらの文化圏はそれぞれの土地では出土されないヒスイや黒曜石などが出土しており、紀元前から広範囲な交易圏が形成されていたと考えられる。近年では上記2地域に加え、ティオティワカン文明など紀元前からアステカ王国滅亡までのメキシコや中央アメリカ地域で発生した文明や都市の勃興をを総称してメソアメリカと呼ぶようだ。
さて戻ってこの像、そのメソアメリカ地域において広範囲に出土しているようで、その名も「チャクモール」というらしい。詳しくはwikipediaや史学科を持つ大学の図書館等で調べていただけると思うが、この像はどうやらいわく付らしい。ラッコに見えるその手の部分は貝ではなく、生贄から取り出された心臓が置かれいたらしい。
先日上野で行われたマヤ・アステカ展にその「チャクモール」が遊びに来ていたようだ。
その像、どうやらメリダやベラクルスの郊外でも実際に発見されているようだ。今後メソアメリカ地域で冒険される方は、ぜひ注目していただきたい。

  AmagiyaNews 文化部

〔写真は話題のらっこ像「チャクモール」〕


AmagiyaNews






2007⁄11⁄11(Sun) 22:37   文化 | Comment(2) | Trackback(0) | ↑Top
Amagiya News が変ります!


【(有)天城屋ニューズ社からのお知らせ】
いつもご愛読いただき、ありがとうございます。
本日よりカテゴリーを社会、政治、国際、経済、文化、スポーツ、天城うさぎ、お知らせの全部で8つのカテゴリーに分類しました。
今後も強引な取材や不定期な更新、やる気のない解説、中途半端なイベント等断続的に続けてまいりますので、なにとぞよろしくお願いいたします。

AmagiyaNews






2007⁄11⁄11(Sun) 00:51   お知らせ | Comment(0) | Trackback(0) | ↑Top
三度目のなんとか?ネーデルランド会議が開催!


16番館における会議の模様
【11月11日 アムステルダム】
先日に引き続きアムステルダム16番商館にてネーデルランド会議が開催された。
議題は引き続き「対英協定について」。今回も多くのネーデルラント国民が集まり、白熱した議論が行われた。
対英協定の改定案についてはまとまり、今後は英国議長との話し合いとなる。
先日の記事でも紹介した会議の存在意義についても今回の会議では議題に上り、その存在の是非について投票が行われた。投票結果は会議の存在について肯定的な意見が圧倒的だった。
会議の冒頭、りじゅ=沙雪華議長よりリアルな事情により11月25日に退任したいとの話があり、11月25日(大海戦の場合は12月2日)21時よりアムステルダム16番館にて議長選挙が予定されている。前述の対英協定改定については新任議長の職務となることも確認された。なお、㈱天城屋(アムステルダム)社長の天城うさぎ氏(ネーデルラント)は選挙管理委員となった。ネーデルランド議会議長への積極的な立候補を期待したい。

立候補の連絡はこちら

〔写真はアムステルダム16番館における会議の模様〕


AmagiyaNews






2007⁄11⁄11(Sun) 00:38   政治 | Comment(0) | Trackback(0) | ↑Top
天城うさぎ氏、ジュエルターバンを手に入れる。


G氏からジュエルターバンを受け取る天城うさぎ氏
【11月8日 ナポリ】
㈱天城屋(アムステルダム)社長の天城うさぎ氏(ネーデルラント)が、G氏(ネーデルラント)の計らいでジュエルターバンを頂いた。G氏は地図を出しすぎて持ち物がこれ以上持てない状況にあり、天城うさぎ氏に声をかけた模様。
ジュエルターバンは納品でも利用される超高級品頭装備で、天城うさぎ氏は密かに被ろうと画策していたようだ。ちなみにジュエルターバンは交易系装備で冒険者と偽る天城うさぎ氏には被れない。
天城うさぎ氏は8日、本紙の取材に対し「ウィレムに納品しようと思ったのさ!アハハ」と述べた。

〔写真はG氏からジュエルターバンを受け取る天城うさぎ氏〕


AmagiyaNews






2007⁄11⁄08(Thu) 23:50   社会 | Comment(0) | Trackback(0) | ↑Top
ゲストを迎えて、ネーデルランド底模擬開催!


参加者での記念撮影
【10月30日 ヘルデル】
ヘルデルにおいて毎週火曜日恒例のネーデルランド底模擬が、ポルトガル、フランス、イングランドなどからゲストを迎えて行われた。
当日は25人を超える参加者が集まり、5vs5が二組同時に行われるなど大盛況のうちに終了した。
チャットが溢れるほどの参加者数は、ネーデルランド底模擬としては記録的な人数。ネーデルランドの底模擬は、大海戦などの対人戦の練習になり、軍人でない方や海事がこれからな方も暖かく迎えてくれる。そんなネーデルランド底模擬のさらなる発展を期待したい。

お問い合わせは:「弖虎」さん、または「けーんじ」さんまで

★★★当紙は今後も取材や商品などの提供を通してNotosネーデルラント底模擬同好会をバックアップしていきたいと考えています!毎週火曜日の21時に開催です。初心者でも優しく受け入れてくれるアットホームな底模擬です。ぜひ参加しましょう!★★★

〔写真は参加者での記念撮影〕


AmagiyaNews






2007⁄11⁄07(Wed) 01:32   社会 | Comment(0) | Trackback(0) | ↑Top
新大陸航海同盟、テノチツアー開催!


神殿前での記念写真
【11月4日 テノチティトラン】
新大陸航海同盟(セビリア)がテノチツアーと題しテノチティトラン探検ツアーを開催した。
当日の参加者は商会長であるLis氏(イングランド)と副商会長であるフィンダファー氏(ネーデルラント)、同天城うさぎ氏(ネーデルラント)、Erhu氏(ヴェネチア)、そして助っ人としてErhu氏のフレ、Arcadia氏(エスパーニャ)の5人。
一行はまずクエストの前提であるオポッサム発見のためにヴェラクルスへ。発見後サントドミンゴへ寄港し、クエストを受けた。その後クエストのためメリダに入港し、来るべき海戦のため装備を整え、ヴェラクルスへと向かった。ヴェラクルス前では哨戒艇との戦闘になったが、一番高いレベルが戦闘なのに冒険者と言い張る商会長のLis氏をはじめ、冒険者ばかりのパーティーであり、一戦目は油断し撃沈、撤退、二戦目はLis氏が敵の提督を拿捕するも、状況確認ミスによる戦術的撤退、三戦目にしてようやく勝利を勝ち取った。
その後のヴェラクルス東南での陸戦では、アイテムの事前準備やサントドミンゴ滞在中のかっぱ氏(ネーデルラント)による陸戦の指導と装備の貸与、さらにはNPC相手に何度かの練習試合もしたため、一度での勝利を得ることができた。陸戦の指導と助言を頂いたかっぱ氏(ネーデルラント)には紙面上にて改めてお礼申し上げたい。
そして一行はついにテトチティトランに到着。道具屋や行商人、食堂の主人などが立ち並び、中央には大きな神殿もあった。
新大陸航海同盟では次回イベントや、今回参加できなかったメンバーをつれての再度のテノチツアーも考え中とのこと。

〔写真は神殿での記念写真〕


AmagiyaNews






2007⁄11⁄04(Sun) 03:00   文化 | Comment(2) | Trackback(0) | ↑Top
ネーデルランド会議が開催!


16番館における会議の模様
【11月3日 アムステルダム】
先日に引き続きアムステルダム16番商館にてネーデルランド会議が開催された。
議題は引き続き「対英協定について」と「議長の権限について」。今回も30人を超えるネーデルラント国民が集まり、白熱した議論が行われた。
対英協定の問題点などが話されたが、議題についてはさらに継続審議となり11月11日土曜日に改めて会議が開催されることとなった。
会議の存在意義についても話題となっているが、会議への参加によりネーデルラント国民同士の交流が深まることただ一点においても有意義であると考えられる。

〔写真はアムステルダム16番館における会議の模様〕


AmagiyaNews






2007⁄11⁄03(Sat) 23:00   政治 | Comment(0) | Trackback(0) | ↑Top

| HOME |

FC2ブログランキング

プロフィール

天城こねこ

Author:天城こねこ
大航海時代オンラインのEosサーバ(旧:Notosサーバー)に所属するケルン生まれの商人。
ハンザ同盟崩壊後イギリスに身を寄せ、のちにネーデルラントへ亡命した兄の元ハンザ商人天城うさぎとは違い、ヴェネチアに身を寄せるも、兄と同様にネーデルラントに亡命する。冒険家を志すも、商人にも軍人にもなりきれない兄に代わり、商人となる。
(有)天城屋ニューズ社の代表取締役社長および編集長。

似顔絵のご提供はLis氏

会社案内

ごあいさつ

 情報化社会においては様々な情報はもとより、興味のある情報を流すことを目指しています。我々は噂、口コミなどの伝統的な技術を駆使したコミュニティー情報サービスにより、いるかどうか分からないお客様の期待と笑いにお応えしています。(天城こねこ)


会社概要

■社   名
 (有)天城屋ニューズ社
 (英文名:Amagiya News)
■役  員
 代表取締役社長 天城こねこ
 (編集長兼任)
 監査役 Archie
 取締役 maat
 社 主 天城うさぎ
■創   業
 2003年6月(王都日報)
 2004年1月(Midgard News)
 2007年7月(Amagiya News)
■資 本 金
 ピエロの鼻と片眼鏡
■従 業 員
 
■支   社
 ラグナロクオンライン
■関連会社
 天城屋
 天城屋出版
  代表取締られ役 林堂はるひ
  仮面推進事業部長 Erhu
  北アフリカ担当部長 maat
 NTS・テレビベネチア
  社長兼プロデューサー Erhu
 ATB:AmagiyaTravelBureau
  代表取締役社長 フォン
 天城屋パン
  社長兼店長 ルチーア
 天城屋広告社
 ファッション天城屋
 天城屋ファイナンス
■主な取引先
 新大陸航海技術研究所
 Parkheuvel
 GoodFellas
 オトナの商会
 あのて珍品堂
 クラウン造船所
 楽団コンセルトヘボウ
 ネデ陸軍

AmagiyaNews
AmagiyaSports AmagiyaNewsMobile
企業理念

企業理念

 吾等は商業情報を讀者に届ける事をその使命としてゐる。
其の全ての情報は讀者の諸君の為に有るのであつて、又其れは迅速に速報されるべきであつて、
且つ讀者の幸福に獻身し、凡そ王國經濟、世界經濟の確立に寄與す事を約束す。(王都日報綱領より)


VISION

 コミュニティ情報をお届けします。
 読者の皆様の要求に答えられるよう努力いたします。
 読者の皆様にしか分からないような情報を提供いたします。

ブログ内検索

月別アーカイブ

FC2カウンター

↑Top



Copyright © 2007 AmagiyaNews. All Rights Reserved.

 Template by nekonomimige & BLAN NOIN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。