スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄--(--) --:--   スポンサー広告 | | | ↑Top
陸戦トーナメント「第4回アムステルダムカップ」開催!


大会の様子
【9月28日 アムステルダム広場】
「第4回アムステルダムカップ ~たーかーのーつーめ~」が開催された。
当日はアムステルダムに100人近くの人が集まり、勝者投票券が発売されたり、ネットラジオによる中継、報道陣による取材も行われた。新たな試みとして今回は動画配信も行われた。また、来賓による挨拶として、ネーデルランド会議議長のリシー氏が挨拶した。
今回は三人ではなくダブルスでの対決となり作戦や実力などがよりシンプルに出た戦いとなった。REDを代表して出場したクロソード氏、vagos氏は惜しくも2回戦で敗れた。試合詳細については詳しくはURL:りくせん通信をご参照を。
今回の大会について、パールブラック陸軍将軍は当紙のインタビューに対し「今回もたくさんの人に集まっていただき本当に感謝しております!」とコメントいただいた。また、実況中継と動画配信を行ったレイブンズナイトのHRR氏は当紙のインタビューに対し「こちらはいろいろと必死でした。チーム名と選手名が一致しなかったり、それを調べてたら動画にそれが写りこんだりと、デュアルモニターが欲しいと思った今日この頃でした。」とコメントしていただいた。
大会終了後の忙しい中インタビューに答えていただき、ありがとうございました。

 毎週水曜日22:00からは:レイブンズナイト

次回開催が待ち遠しいですね!次はぜひ参加しましょう!

〔写真は大会の様子〕


AmagiyaNews



スポンサーサイト



2008⁄09⁄28(Sun) 23:17   スポーツ | Comment(3) | Trackback(0) | ↑Top
陸戦トーナメント「第4回アムステルダムカップ」開催決定!


8/31(日)21:00~アムステルダム広場@N
【9月20日 アムステルダム】
パールブラック将軍より陸戦トーナメントのご案内です!
3vs3で行われてきた迫力の陸戦のトーナメント!なんと今回はダブルス!また新たなドラマがここから生まれます!
エントリーは締め切ってしまいましたが、当日はブックメーカーの出現やラジオでの実況、解説などがついてくるため、参加者だけではなくギャラリーも楽しめます!
参加できない方でもぜひ観にいきましょう!



「第4回アムステルダムカップ」
~たーかーのーつーめー~

日時:2008年9月28日(日) 21:00~
場所:集合場所はアムステルダム中央噴水広場(商会管理局前)
主催:オトナの商会 マーキュリー
くわしくはこちら URL:りくせん通信

今回は本紙が応援するオランダ環境室(RED)よりクロソード氏とvagos氏が出場予定です!頑張ってください!

※オランダ環境室ではネーデルランド陸軍パールブラック将軍を招いて陸戦練習会を開催の予定です。詳細が決まりましたら紙面にてお知らせいたします。

AmagiyaNewsでは本紙面を通してアムステルダムカップを応援しています。
お問い合わせはNotosサーバ「パールブラック」まで。

宣伝も随時募集中!

AmagiyaNews文化部

AmagiyaNews






2008⁄09⁄20(Sat) 01:05   スポーツ | Comment(0) | Trackback(0) | ↑Top
天城うさぎ(本体)、旧ユーゴスラビアから帰国


空港(イメージ)【9月12日 リュブリャナ】
天城うさぎ(本体)が出張でクロアチア、スロベニア、ボスニアヘルツェゴビナへ行ってきた。
ドブロブニク(ラグーザ)では城壁でビール、お昼ご飯は手長エビとビール、夕食は海鮮のスパゲッティとビール、モスタルの橋が世界遺産に登録されているボスニアヘルツェゴビナでもビール、ザグレブでもビール、ブレット湖ではワインと仕事にも関わらず毎日美味しいビールやワインを飲んでいた模様。またボスニアヘルツェゴビナのモスタルでは空き時間にホテル近くの社会主義時代に建てられた団地に迷い込み、ヨーロッパとは思えない恐怖を味わった模様。
個人的なオススメはドブロブニクとザグレブ。
ハードスケジュールがたたり、のどを痛め帰国後熱を出しながらも飲み会が4晩続いた模様。現地で倒れなくても帰国後倒れそうだ。


〔写真はドブロブニク〕

AmagiyaNews





2008⁄09⁄17(Wed) 15:14   天城うさぎ | Comment(2) | Trackback(0) | ↑Top
天城うさぎ(本体)、旧ユーゴスラビアへ


空港(イメージ)【9月5日 ドブロブニク(ラグーザ)】
天城うさぎ(本体)が出張でクロアチア、スロベニア、ボスニアヘルツェゴビナへ向かったことが明らかとなった。
利用するのはドブロブニク行きのチャーター直行便。天城うさぎ(本体)は出張で慌ててジャケットを買った模様。前々日には仕事終わりにビアホールから居酒屋、ボーリング2ゲームでダブルを出し喜び、さらに朝までカラオケで歌った模様。そのため前日の準備がおろそかになったようだ。
出張ということで朝から晩までホテルを巡ったりとかなりハードスケジュールのため、前述の無理がたたり、現地で倒れないかどうか危惧されている。


〔写真は空港(イメージ)〕

AmagiyaNews





2008⁄09⁄05(Fri) 18:00   天城うさぎ | Comment(2) | Trackback(0) | ↑Top
特集:オランダ環境室って何?


こぎつねさんとオランダ環境室が主催した遠足での一場面
【9月4日 アムステルダム】
最近、REDってなんですか?や【RED】ってPKK?という質問をよく受けるようになった。
過去の記事において、アムステルダムにネーデルラントの親睦団体オランダ環境室が発足した、と報じたことがある。そのとき実際にアピコメに記したのはクロソード氏(ネーデルラント)、こぎつね氏(ネーデルラント)、天城うさぎ(ネーデルラント)の三人だった。業務についてはアムヘル警護とと定められ、名前の由来についてもこぎつね氏のきまぐれ、REDがいい!の一言から、と報じた。その後アピコメは各自が好きなコメントを入れられるようREDや【RED】となった。オランダ環境室の英文、The Room of Environmental for Dutchの略称である。
さて、いったいどんな団体なのか。実はのちに園長とされた天城うさぎ氏にも分からないらしい。現在の構成員は少し軍人が多いため、時々PKK団体や模擬団体などの軍事団体に間違われるが、軍事団体でもなければ、もちろん商人の団体でもないし、冒険をする団体でもない。メンバーもネーデルランド人限定ということではない。ただ、作ったときに案じていた実体のない団体の出現とも言えないのだ。
ここまでくると、ではどんな団体なのかと聞きたくなるだろう。うさぎ派と捉えた人もかつていたようだが、もちろん天城うさぎ氏にそんな人望はない。誰かを支援する団体かと問われても無論そんなことはない。やはり文字で説明しようとすると「親睦団体」と書くしかない。ちなみに代表者も特にいなければ副代表などもいないのだ。考えるに、任意に参加する決まりも強制もない、まあ、みんなで情報交換しながら仲良くやっていこうという団体、それがREDなのだろうか。実際入る許可もなければ辞める許可もなく、特にルールがあるわけでもない。ただ、春の遠足や恒例となりつつあるPKKレベルアップセミナーなどのイベントを開催し、ネーデルランド市民に貢献していけるような活動も行われ、また計画されている。無論こちらも参加に国籍制限はいっさいない。このようなイベントについては随時報道していきたい。
ここまで書いてやはりどう表現してよいか謎の団体である。まずはアピコメにオランダ環境室、【RED】、REDと書いてみてはいかがだろう。きっと新しい世界が待っている・・・こたぁないか。

天城こねこ(激しくネタ)

この特集は天城こねこがお送りしました。


〔写真はこぎつねさんとオランダ環境室が主催した遠足での一場面〕


AmagiyaNews





2008⁄09⁄04(Thu) 23:00   文化 | Comment(2) | Trackback(0) | ↑Top

| HOME |

FC2ブログランキング

プロフィール

天城こねこ

Author:天城こねこ
大航海時代オンラインのEosサーバ(旧:Notosサーバー)に所属するケルン生まれの商人。
ハンザ同盟崩壊後イギリスに身を寄せ、のちにネーデルラントへ亡命した兄の元ハンザ商人天城うさぎとは違い、ヴェネチアに身を寄せるも、兄と同様にネーデルラントに亡命する。冒険家を志すも、商人にも軍人にもなりきれない兄に代わり、商人となる。
(有)天城屋ニューズ社の代表取締役社長および編集長。

似顔絵のご提供はLis氏

会社案内

ごあいさつ

 情報化社会においては様々な情報はもとより、興味のある情報を流すことを目指しています。我々は噂、口コミなどの伝統的な技術を駆使したコミュニティー情報サービスにより、いるかどうか分からないお客様の期待と笑いにお応えしています。(天城こねこ)


会社概要

■社   名
 (有)天城屋ニューズ社
 (英文名:Amagiya News)
■役  員
 代表取締役社長 天城こねこ
 (編集長兼任)
 監査役 Archie
 取締役 maat
 社 主 天城うさぎ
■創   業
 2003年6月(王都日報)
 2004年1月(Midgard News)
 2007年7月(Amagiya News)
■資 本 金
 ピエロの鼻と片眼鏡
■従 業 員
 
■支   社
 ラグナロクオンライン
■関連会社
 天城屋
 天城屋出版
  代表取締られ役 林堂はるひ
  仮面推進事業部長 Erhu
  北アフリカ担当部長 maat
 NTS・テレビベネチア
  社長兼プロデューサー Erhu
 ATB:AmagiyaTravelBureau
  代表取締役社長 フォン
 天城屋パン
  社長兼店長 ルチーア
 天城屋広告社
 ファッション天城屋
 天城屋ファイナンス
■主な取引先
 新大陸航海技術研究所
 Parkheuvel
 GoodFellas
 オトナの商会
 あのて珍品堂
 クラウン造船所
 楽団コンセルトヘボウ
 ネデ陸軍

AmagiyaNews
AmagiyaSports AmagiyaNewsMobile
企業理念

企業理念

 吾等は商業情報を讀者に届ける事をその使命としてゐる。
其の全ての情報は讀者の諸君の為に有るのであつて、又其れは迅速に速報されるべきであつて、
且つ讀者の幸福に獻身し、凡そ王國經濟、世界經濟の確立に寄與す事を約束す。(王都日報綱領より)


VISION

 コミュニティ情報をお届けします。
 読者の皆様の要求に答えられるよう努力いたします。
 読者の皆様にしか分からないような情報を提供いたします。

ブログ内検索

月別アーカイブ

FC2カウンター

↑Top



Copyright © 2008 AmagiyaNews. All Rights Reserved.

 Template by nekonomimige & BLAN NOIN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。