スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄--(--) --:--   スポンサー広告 | | | ↑Top
【特集】AmagiyaNewsから見たParkheuvelの軌跡


2009年4月26日に行なわれた商会会議終了後の10番商館の様子
【2月18日 アムステルダム】
先日、Parkheuvelより寄付を頂いた。だから、という訳でもないが、日ごろ本紙編集長の天城こねこ(アムステルダム)がお世話になっているParkheuvel(アムステルダム10番商館)についてご紹介したい。
ただ紹介するのも芸がないので、本紙が書いてきた記事からその軌跡を見ていきたい。

1.本紙初登場記事
本紙がに初登場したのは2007年8月21日付けの記事で、Cruz del sur実装の記事。アムステルダム市民がみんな踊っているという光景を記事にした際に(おそらく踊るというエモーションが出たばかり)、Parkheuvelの問い合わせ先が載っている。
この時点で既に商会として設置されており、天城こねこも所属していることが伺える。

2.ネーデルラント発展に貢献
その後、記事にparkheuvelが見られるのが、各種ツアーだ。
例えば2008年1月4日付の記事ではネーデルラント勅命ツアーが行なわれている。中南米東岸への到達度上げのために組まれたツアーだが、それ以外にも宝石ツアーなどが元代表のウルフィ氏のもと、積極的に呼びかけていた。

3.アムステルダム10番商館
2008年7月15日付の記事で、Parkheuvelがアムステルダム10番商館を手に入れたことがわかる。
倉庫キャラ的な天城こねこ以外の商会員の方々が頑張った賜物である。また、元代表のウルフィ氏の気概がこの頃の商会のキャッチフレーズに現れている。「清く!正しく!美しく!」

4.商会会議の開催
2009年4月27日付の記事では、商会会議が行なわれたことが紹介されている。
記事によれば話し合いの内容は、プレイステーション3実装も見据えた優良商会への格上げ報告と若手商会員の勧誘について、という内容だったようだ。
その際の写真が残っている。今回の記事ではその写真を再掲したい。

5.第1回アムステルダムサークル開催
本紙が主催したイベント、アムステルダムサークにも参加していただいていた。
プレイステーション3実装による各商会による新人勧誘のためのイベントを標榜し、各参加商会、団体さんにそれぞれ出し物をしていただいた。
Parkheuvelにも参加していただき、確か貿易や交易の話を中心に、入会したらどれだけ儲かるかの話をしたと思われる。この辺、私の記憶もあいまいであり、申し訳ない。

6.論戦大会「Parkheuvelに挑戦!」
2010年4月25日付で書かれた記事で、翌日にアムステルダム酒場で行なわれる商会イベントの告知である。
記事には「Parkheuvelの5人を倒せ!参加賞ももらえるそうですが、参加するならエンドールの武道大会よろしく5人勝ち抜きたいところ。何人勝ち抜いたかによってもらえる商品が違うそう!」ということ。翌日参加することが出来ずにどのようなイベントになったのかが紹介できていないのが残念でならない。


こう追ってくると既に何年もの歴史を抱えた商会だということが分かる。ただ、だからといって過去の栄光という商会ではない。商会長が変わってもイベントに参加していただいたり、独自のイベントが行なわれるなど、今も進化し続けている商会なのだ。特にこの商会は初心者に優しい気風を備えていて、ネーデルラントで航海を始める、また大航海時代に帰ってくる、そういった方々がネーデルラントを拠点に商業や冒険など縦横無尽の活動をしていきたいのであれば、ぜひParkheuvelへの入会をおすすめしたい。

最後に、この場をお借りしてめったにログインしない天城こねこをずっと置いてくれている商会の皆様に御礼申し上げます。

天城こねこ(ネタ)

〔写真は2009年4月26日に行なわれた商会会議終了後の10番商館の様子〕


AmagiyaNews


スポンサーサイト



2011⁄02⁄18(Fri) 08:00   文化 | Comment(0) | Trackback(0) | ↑Top
AmagiyaNews、大口の寄付を得る


ヤン・ウルリッヒ氏
【2月17日 アムステルダム】
先月はじめ、1月9日にAmagiyaNewsが大口の寄付金を得ていたことが分かった。
AmagiyaNewsに大口の寄付をしたのは本紙編集長の天城こねこ(アムステルダム)が所属するParkheuvelのヤン・ウルリッヒ氏。
ヤン氏は1/9日の大海戦終了後に寄付をしてくれた。

その金額はなんと400,000,000ドゥカード。10ドゥカードから寄付を受け付けているAmagiyaNewsにとってまさに天文学的な金額である。
今後はこの資金を元にギャンブルで一儲け・・・じゃない、イベント等に利用させていただきたい。


 1/11日に紙面にて発表する予定でしたが、天城うさぎ(本体)が体調不良のため記事にすることがでませんでした。この場をお借りしてお詫び申し上げます。


〔写真はヤン・ウルリッヒ氏〕






2011⁄02⁄17(Thu) 08:00   文化 | Comment(0) | Trackback(0) | ↑Top
AmagiyaNewsからのお知らせ


【(有)天城屋ニューズ社からのお知らせ】
いつもご愛読いただき、ありがとうございます。
更新が滞り申し訳ございませんでした。
作者本人が2月1日より仕事の内容が変わったと同時に、ベルリン、リューベック、コペンハーゲン、ストックホルム、ヘルシンキ、越後湯沢と旅行した上に、体調を崩したため、大航海時代オンラインへのログインを含めAmagiyaNewsの更新が出来ない状況でした。いるかどうかわかりませんが更新を楽しみにされていた方には大変ご迷惑をお掛けいたしました。
まだまだ、仕事も旅行も落ち着きませんが、一応更新を再開いたします。
今後も強引な取材や不定期な更新、やる気のない解説、中途半端なイベント等断続的に続けてまいりますので、なにとぞよろしくお願いいたします。

AmagiyaNews





2011⁄02⁄16(Wed) 23:47   お知らせ | Comment(4) | Trackback(0) | ↑Top

| HOME |

FC2ブログランキング

プロフィール

天城こねこ

Author:天城こねこ
大航海時代オンラインのEosサーバ(旧:Notosサーバー)に所属するケルン生まれの商人。
ハンザ同盟崩壊後イギリスに身を寄せ、のちにネーデルラントへ亡命した兄の元ハンザ商人天城うさぎとは違い、ヴェネチアに身を寄せるも、兄と同様にネーデルラントに亡命する。冒険家を志すも、商人にも軍人にもなりきれない兄に代わり、商人となる。
(有)天城屋ニューズ社の代表取締役社長および編集長。

似顔絵のご提供はLis氏

会社案内

ごあいさつ

 情報化社会においては様々な情報はもとより、興味のある情報を流すことを目指しています。我々は噂、口コミなどの伝統的な技術を駆使したコミュニティー情報サービスにより、いるかどうか分からないお客様の期待と笑いにお応えしています。(天城こねこ)


会社概要

■社   名
 (有)天城屋ニューズ社
 (英文名:Amagiya News)
■役  員
 代表取締役社長 天城こねこ
 (編集長兼任)
 監査役 Archie
 取締役 maat
 社 主 天城うさぎ
■創   業
 2003年6月(王都日報)
 2004年1月(Midgard News)
 2007年7月(Amagiya News)
■資 本 金
 ピエロの鼻と片眼鏡
■従 業 員
 
■支   社
 ラグナロクオンライン
■関連会社
 天城屋
 天城屋出版
  代表取締られ役 林堂はるひ
  仮面推進事業部長 Erhu
  北アフリカ担当部長 maat
 NTS・テレビベネチア
  社長兼プロデューサー Erhu
 ATB:AmagiyaTravelBureau
  代表取締役社長 フォン
 天城屋パン
  社長兼店長 ルチーア
 天城屋広告社
 ファッション天城屋
 天城屋ファイナンス
■主な取引先
 新大陸航海技術研究所
 Parkheuvel
 GoodFellas
 オトナの商会
 あのて珍品堂
 クラウン造船所
 楽団コンセルトヘボウ
 ネデ陸軍

AmagiyaNews
AmagiyaSports AmagiyaNewsMobile
企業理念

企業理念

 吾等は商業情報を讀者に届ける事をその使命としてゐる。
其の全ての情報は讀者の諸君の為に有るのであつて、又其れは迅速に速報されるべきであつて、
且つ讀者の幸福に獻身し、凡そ王國經濟、世界經濟の確立に寄與す事を約束す。(王都日報綱領より)


VISION

 コミュニティ情報をお届けします。
 読者の皆様の要求に答えられるよう努力いたします。
 読者の皆様にしか分からないような情報を提供いたします。

ブログ内検索

月別アーカイブ

FC2カウンター

↑Top



Copyright © 2011 AmagiyaNews. All Rights Reserved.

 Template by nekonomimige & BLAN NOIN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。